【新品アルトサックス】H.セルマー シグネチャー ダークSL 林田祐和先生選定品

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

H.セルマーのニューモデル、SIGNATURE(シグネチャー)です。

「シグネチャー」は、1986年に発売されて以降、サクソフォンの歴史をさまざまに彩ってきた「スーパーアクション80 シリーズ2」をブラッシュアップしたモデルです。「シリーズ2」のサウンドはそのままに、特に高音域のイントネーション、低音域における息の入りやすさを向上させました。

人間工学に基づき、あらゆるミュージシャンのニーズに応えるべく、「シリーズ2」からインスピレーションを得た「シグネチャー」には、「シュプレーム」のためにアップデートされた最新の革新技術

〜音の均一性を高める新しい3点支持ネック・レシーバーシステム、密度を高めるニッケルシルバー製のタイトニングリング、オクターブキーの動作の流動性を高めるサポート〜

などが反映されています。


「シグネチャー」のサウンドは、完璧なバランスから生み出されたものです。


●おおらかで丸みのあるサウンド

●レスポンスが良く、奏者の想いに応えてくれる

●あらゆるシーンに対応できる、極めて豊かな音色

●遠投性のあるサウンド


林田祐和先生(東京佼成ウィンドオーケストラ)による選定品です。


希望小売価格:¥995,500(税込)+ 選定料




【仕様】
調子:E♭
仕上げ:管体/ダークシグネチャーラッカー仕上げ、彫刻入り
    サムフック・サムレスト/金メッキ
その他:新設計ネックボア
    洋白製ソケットリング、天然真珠押貝



【選定者について】
林田祐和 – Hirokazu Hayashida
東京藝術大学卒業・同大学大学院修士課程修了。第22回日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門第1位。これまでにソリストとして、藝大フィルハーモニア、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シンフォニエッタなど、オーケストラ、吹奏楽との共演を多数行っている他、オーケストラの中のサクソフォニストとして、主要オーケストラに多数出演。サクソフォンを田中靖人、須川展也、冨岡和男の各氏に師事。室内楽を中村均一氏に師事。現在、東京佼成ウインドオーケストラ団員。クローバー・サクソフォン・クヮルテット、清水靖晃&サキソフォネッツメンバー。東京藝術大学、洗足学園音楽大学、武蔵野音楽大学各非常勤講師。