【中古トランペット】V.バック AB190 アルティザン SP ガルシア安藤真美子先生検査品・ほぼ新品

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
【状態】ランク:S☆
凹みもメッキ剥離や腐食が全く無く磨き傷も少なく、ほぼ新品と言って差し支えない状態です。
付属する純正ケースの状態もとても良く使用感が殆どありません。
詳細画像は下記よりご覧頂けます。


ガルシア安藤真美子先生(東京佼成ウィンドオーケストラ)に検品して頂きました。

新品希望小売価格:¥782,100(税込)⇒ 本品:¥506,000(税込)約35%オフ
新品の平均お値引き率は約10%程度です。

【当店中古楽器について】
当店中古楽器は全て管体を完全クリーニング(金管はケミカル洗浄)の上、フェルトやパッド等の消耗パーツを純正新品に全交換し、限りなく新品の工場出荷状態に近づけた物ばかりです。また6か月の保証を行っておりますので安心してお使い頂けます。



ニッケルシルバー/真鍮2ピースバルブケーシング、サイドシームのフラットリムベルなど、バックの進化過程において生み出されてきた様々なアイデアやデザインがふんだんに盛り込まれているアルティザン・シリーズのB♭管トランペットです。

【仕様】
調子 :B♭
ベルサイズ:4-13/16"(イエローブラス、1枚取り)
ボアサイズ:L(.459″)
仕上げ:銀メッキ



【検品者について】
ガルシア 安藤真美子 – Mamiko Ando Garcia
東京芸術大学音楽学部卒業。第69回日本音楽コンクールトランペット部門入選。第72回日本音楽コンクールトランペット部門3位。
シエナウインドオーケストラを経て、2002年東京佼成ウインドオーケストラに入団。東京佼成ウインドオーケストラ第77回定期演奏会にて、D. ギリングハム作曲、トランペット協奏曲「ラッパが鳴り響くとき」を 日本初演。2002年台北、台中で行われた「女性プレイヤーのためのトランペットフォーラム」に講師として招かれる。これまでにトランペットを井上正彦、福田善亮、杉木峯夫、小野本明弘、マーク・グールドの各氏に師事。
ギターとトランペットのデュオ「シエンプレ・デュオ」でギタリストのエドアルド・ガルシアと共にアルゼンチン音楽を中心としたライブ活動も行っている。洗足学園音楽大学講師、ミュージックスクール「ダカーポ」講師。