【新品トロンボーン】XO 1236L-O 若狭和良先生選定品

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
1236-Oモデルは「通常演奏時(Fレバーを押さないとき)の、よりクリアな吹奏感」をコンセプトに開発されました。
全体の支柱の数や位置を配慮し、テナートロンボーンにより近い吹奏感が得られ、またF管使用時の息がより緩やかな角度で流れるように設計し、Fレバー使用時も違和感なく演奏しやすくなりました。

若狭和良先生(エリザベト音楽大学教授)による選定品です。
メーカー1年保証付き

希望小売価格:¥440,000(税込)



【仕様】
調子B♭-F
ボア13.9mm ラージボア(太管)
ベル216mm(8-1/2″)
バルブトラディショナル
材質ベル・スライド/イエローブラス
仕上げラッカー仕上げ


【選定者について】
若狭和良 – Kazuyoshi Wakasa
エリザベト音楽大学卒業。フランスに渡りパリ・トロンボーン四重奏団メンバー、ミリエールトロンボーン四重奏団主宰、パリ高等音楽院教授のジル・ミリエールのもとに学ぶ。パリ音楽院(CNR)、ヨーロッパ音楽院、パリ15区音楽院をそれぞれ一等賞で卒業。第14回日本管打楽器コンクール第2位受賞。
2000年から2005年まで、東京交響楽団首席トロンボーン奏者を務める。全国各地でソロ、アンサンブル活動を行う他、後進の指導も行う。
トロンボーンを沖野信雄、伊藤清、故岡本繁邦、ジャック・モージェ、ダニエル・ブレザンスキー、ジル・ミリエールの各氏に師事。現在、エリザベト音楽大学演奏学科教授。ジャパンXOトロンボーンクァルテットメンバー。