【新品トロンボーン・マウスピース】ラスキー J.アレッシ モデル

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
待望の復活を遂げた人気工房ラスキー(Laskey)による、ジョセフ・アレッシ(Josef Alessi)氏(ニューヨーク・フィルハーモニック首席トロンボーン奏者)のシグネチャーモデルです。サイズは55,60,67の3種類に対してそれぞれSymphonyとSOLOの2種類、計6種類が用意されています。


【仕様】
55 SOLO  リム内径:25.5mm カップの深さ:Mid-Shalow  
55 SY        リム内径:25.5mm カップの深さ:Mid-Deep 
60 SOLO   リム内径:26.0mm カップの深さ:Mid-Shalow 
60 SY        リム内径:26.0mm カップの深さ:Mid-Deep 
67 SOLO   リム内径:26.7mm カップの深さ:Mid-Shalow 
67 SY        リム内径:26.7mm カップの深さ:Mid-Deep


【監修者について】
ジョセフ・アレッシ - Joseph Alessi
出身地のカリフォルニアにて父の手ほどきで音楽を始め、サン・ラファエルの高校在学中にサンフランシスコ響のソリストを務める。その後、カーティス音楽院に学び、フィラデルフィア管、モントリオール響を経て、ニューヨーク・フィルに入団。1985年に首席奏者に就任。
1990年春、クレストン「幻想曲」でニューヨーク・フィルと共演しソリスト・デビューを果たす。1992年には、ピューリッツァー賞を受賞したクリストファー・ラウス「トロンボーン協奏曲(ニューヨーク・フィル150周年記念委嘱作品)」を初演。最近では2007年2月にメリンダ・ワーグナー「トロンボーン協奏曲」をニューヨーク・フィルと初演している。世界中のオーケストラにソリストとして招かれており、世界各地の著名音楽祭に参加。2002年、世界にトロンボーン音楽と演奏の普及に貢献したとして、国際トロンボーン協会賞を受賞。
現在ジュリアード音楽院で教鞭をとっており、その教え子たちはアメリカ全土の主要オーケストラをはじめ、国際的に活躍している。アメリカ陸軍士官学校軍楽隊、陸軍軍楽隊、海兵隊軍楽隊などのコンサート・バンドにもソリストとして招かれている。

  • 価格:29,700円

  • 種類:
  • 注文数: